言葉はちっぽけだから。

キスマイと中村さんが好きな人。

沼は違えど潜れば同じ。

2017年の振り返りをしようと3月くらいまで考えていたけど、あっという間に年が明けてしまったのであきらめた。
これ以上ハマるものはないだろうと思っていた自分が、まさか新しいジャンルへハマっていく伸びしろがあったとは、我ながら無駄な情熱を抱えているな、と思った1年だった。

知らなかった世界を知る楽しさがあるのかもしれないが、にわかの自覚を持ちつつ、一分一秒を惜しんで過去の作品を貪った。過去10年のラジオを2週間で消化すること2回。20年分のヲタ活を現在のキスマイと合わせて1年の間にやり遂げたことはとても感慨深い。とはいえ、当然全ての情報を網羅しているわけではない。走馬燈を走り抜けてきた、という感覚だろうか。とりあえず個人的に知りたい情報を探しつくすことはできたと思ってなんとも言えない達成感と満足感がある。

しかし、色々なジャンルにハマってみて、ジャニヲタの「なりやすさ」は興味深い。
「ジャニヲタと呼ばれたくない」という心理面は別にして、FCの存在、雑誌・TV・イベントの告知が丁寧に送られてきて*1、あっという間にファンになれる、ファンとして対象の活動を追えるという状況は恵まれていると思う。友人に割と本気度強めのガチヲタがいるので、私も腰掛ジャニヲタみたいなもんだけど、それだっておそらく一般のファンとは一線を画するレベルではあろう。

私は、元々アイドルを好きになったのは、K-popが最初だったので、FCはあるものの外国人として入会の難しさ*2、FCの位置づけが自分が考えているそれとのギャップに期待を超えるものが得られなかったという点がある。*3
コンサート、イベントはある程度把握できるものの、イベント告知などはほとんどファンからの情報(いわゆるファンカフェ)で得るような状態。色々言われる事務所ではあるものの、出演番組やイベントの告知、番協などJFCの存在はありがたい。

中村さんを好きになって、声優界隈の情報取得の難しさを感じて尚更思った。
まず、仕事量が目に見えて尋常じゃない。同クールに何本ものテレビアニメ出演。同時にゲーム、映画、吹替、加えてネット特番番組やレギュラー番組。それに付随するイベント。ご本人が「いつの仕事をしているかわからない」とラジオでおっしゃっていたが、そりゃそうだろうな、と思う。
同時進行で撮影があったとしても、少なくともドラマを同クールで3本放送、とかは基本的にキスマイにはない。と思ったけど、バラエティに出ていること考えれば同じくらいか。皆さんお忙しいのだな。

そこで、中村さんのお仕事を知ろうとすると、まずファンクラブがない。私がアニメファンではないところも手伝って、とにかく全く分からない。友人に質問をしてみるものの「ファンの人と情報交換をする」という手段を教えられる。
スパイか!
結局、ファンクラブのない方のお仕事情報を知るには、ファンの方に聞くにしろ、自分で探すにしろ、常に情報を検索する、という能動的な作業が必要だと感じた。だから、横のつながりというか、「#〇〇好きな人とつながりたい」文化が大切だと思うし、ガチめになっていくんだろうな、というのが個人の感想。

そして、会費払っている価値はあるな、と感じた。

しかし、どのジャンルでも結局私は同じことを繰り返している。
なんでこんなにオタク熱って衰えないんだろう。少しずつ好きになっていけばいいのに、睡眠時間削って、眼精疲労と肩こりと私、みたいな時間を過ごしてしまう。でもそれが楽しいのだから仕方ない。
もし、私の生活に、この「好き」がなくなってしまったら、とてもつまらない毎日であることは間違いない。
同じ趣味から広がる友人、訪れる場所、付随する一般スキル、、、
「楽しい時間を買っているので、オタクはお金を惜しまない」という言葉は当たり前のように話されるが、対価は楽しい時間だけではなく、生きる豊かさ、でもあるのかもしれない。


*4

*1:事務所から定期的に送られてくるメールがある

*2:今でこそ日本FCが存在することが多いが、当時はほとんど無かった

*3:今はどうかわからないが、チケットの優先等は特になかった

*4:DGSのゲームまで2日でクリアしたよ

和牛三昧。

M-1見ました。
初見の方の漫才が多かったのですが、「和牛」。
面白くて、一気にぎゅーんと好きになりました。
Wikiみて、色々ネタ調べて、ラジオ聞いて、来月、中学生以来でルミネtheよしもとのチケット取りました。
こういう時だけ本当フットワーク軽い。部屋にインターネット引くのに3年悩んだとは思えない決断力。
DVDでいいか、と一度ライブは躊躇したんだけど、やっぱり生で見たくてとってしまった。

元料理人の水田さん、愛媛県出身と聞いて「今年はやたら四国に縁があるな」と思う。
小野Dさん(高知)、中村さん(香川)、水田さん(愛媛)と1年でこんなに四国に目を向けたの人生で初めてな気がする。結構長いことアイドルやらスポーツ選手やら俳優やらミーハー魂ぶつけてるけど、2017年にガツンとハマった人たちが揃って付四国出身なもので、来年は絶対四国に行こうとさえ思ってるくらい。

そして、川西さん、えぇ声~。超個人的な理由で、大阪の特に河内弁を話す男性には嫌な思い出しかなかったのですが、思い出書き換えられるくらい素敵。ファイナルの旅館の仲居さんも、まゆみさんも女性役めっちゃかわいい。めっちゃかわいい。そしてどこか懐かしさを感じる。
なんで好きなんだろうって思ったら、某番組で「昭和の芸人みたいな話し方」と言われてて、なるほどー!と思ってしまった。

お笑い評論家でもなんでもないので、プロットとかオチの付け方とか、テンポとかそういう細かいことは全然わからないけど、とにかく和牛が「好き」なのだと思います。
私にとって、お笑いは「好き」=「面白い」のような気がします。正しいか、正しくないかは別にして。

「昨今昔のテレビの方が面白かったと思うのは、自分たちの『面白い』が今にアップデートされてないからではないか」という話を友人としました。
例えば、自分にとって『かっこいい』は常にアップデートされているから、若い俳優さんやアイドルも好きになれるし、『今のかっこいい』を受け入れることが出来るような気がする。

一方、『面白いこと』というのは、自分が子供のころや学生時代にみたテレビやラジオ等で形成されていて、それが基準になってしまっている上に、ずーっとお笑い番組を見続けているわけではなくて、音楽にハマったりアイドルにハマったりして、その時々の「新しい笑い」みたいのから離れてしまうから、アップデートされずに大人になってしまっているので、久しぶりにお笑い番組とか見ると「今はこんなのが面白いんだな」という評価につながってしまうのかな、と。
だから、今のテレビよりも「昔のテレビが面白い」という感想につながるのではないかなぁとぼんやり。

でも、じゃあ和牛が「古い」のか、というとまた別で。
多分変わらない「面白さ」というのもあって(それが何かは分からないんだけど)、それが含まれていたり、核としてそれが膨らませられていると「好き」や「面白い」に繋がっていくような気がします。

結局、一般人として思うことは、好き=面白いに繋がるのは必然なのかな、と改めて思って、和牛が大好きになりました、という話。

AD-LIVE2017へ行ってきた。

私の周りの数少ない声優界隈ヲタである後輩*1から「中村さんが好きならAD-Live*2がオススメですよ」と言われ、迷いなくDVDポチって数ヶ月。

ad-live-project.com

2017年にも中村さんが参加されると知り、ぜひ見たい!とチケットを申し込み当選‼️
9/10 夜公演で初観劇となりました。(ちなみに昼は近くでライブビューイングしたよ)

いわゆる即興劇みたいな感じなんですが、台本がないとは思えない完成度。
そして、そのコンセプトの妙もさることながら、きっちり90分でそのストーリーが紡がれることに、とにかくすごいの一言。

自然な会話であることはもちろん、アドリブワード*3を取り入れながら、ストーリーの起承転結がきちんと展開していくことに、どこからアドリブでどこから事前設定なのか全くわからない。いや、ほぼアドリブなんでしょうけど、それを知ってみているのに疑ってしまう。
「素晴らしい」だけでは足りないのだけど、役者の皆さまを始め、関わるスタッフすべての方々のプロフェッショナルな部分に感動してきました。

声優さんを知らなくても楽しめる舞台だと思うし、是非末永く続けて頂きたいと思います。

そして、初めて見た中村さんは、とてもカッコよかったし、当然だけど声が素敵。
ラジオを聞いている印象として、とっさの判断とか突っ込みとかやんちゃだったりしてとても楽しいので、アドリブと言えど安定してるんだろうなぁと想像はしていたものの、ここまで面白く、時にカッコよく、切なく、声ひとつでシリアスになったりコメディになったりするものなのだ、と心の底から楽しい時間で、ますます好きになってしまった。

そして、ライブビューイングでは気づかなかったけど、声優さんの声量半端ない!たとえ音響が関係していたとしても、それでもすごい。
鳥海さんは、昼は弱々しい感じだったのに、夜はものすごく張りのある声で、まさしく別人。
「声」の俳優さんであると改めて感じました。

さらに、邪念といえば邪念なんですけど、中村さんのデコルテがセクシーすぎて。
インスタとか見ていると、痩せて華奢な印象だったんですが、大きい!そして割とマッチョ!胸筋が美しい。。。
肺活量とかにも影響あるのかしら、、、なんてとんちんかんなことも考えてしまいました。

とにもかくにも、素敵な声で生み出されたアドリブ舞台、この世に1度しかない時間を共有できるという貴重な舞台を観劇することが出来て、とても幸せでした☆

次の目標は、朗読劇を観劇すること!是非。

以下、公演の内容を含んだ感想です。

*1:周りは本当にジャニヲタばかり

*2:アドリブと読む。声優さんが行うエチュードという稽古が発端とのこと。詳しくはHPへ

*3:鞄から紙を引いて、そこに書いてある単語を含んだセリフを取り入れていくスタイル。引きの強さもストーリー展開に影響があったり、なかったり。

続きを読む

癒しの時間。

そろそろカテゴリに「アニメ」を作った方がよいのではないかと思い始めた。

私が一番困るのは、自分が全く興味がない話をそれをすごく好きな人が長々と話すことなので、なるべく自分は同じようなことをしないようにしている。でもたまに語りたくなっちゃうので、人を選んで聞いてもらうけど。
ジャニーズも同じだけど、アニメについても興味のない人には本当どんなプレゼンをされたところで、全く琴線に触れることもないというのは、自分自身がそうだったので身に染みているわけで。
だから、ここに記す。アウトプットは思考の整理に繋がるとも言いますし。

底の見えない沼であると感じてはいるけれども、それでもいつかまた興味が薄れることになるのではないかという薄い未来もあるので、カテゴリはまだOtherにしておくか。

というわけで、アニメの話です。

しろくまカフェ」2012年4月~2013年3月放映

私は、特別動物が好きなわけではないので、犬派、猫派はいつも答えに困る質問ですが、水族館と動物園なら間違いなく動物園を掲げる程度には好きです。
でもまぁ、見るきっかけになったのは結局中村さんがグリズリー役で出ているから、というミーハーな気持ちだったんですけど*1

いやー、動物最高。

今やテレビをつけずにほぼほぼプライムしてる。現実逃避かな。

色んな動物たちが人間と同じように言葉を話し、仕事をしたり、そして人間に交じって生活をしたりしているという奇妙な世界観。動物もそれほどデフォルメされていなくて、現実に近く、きっとそれが癒されている理由。ペンギンさんがカフェモカ飲むから、食事はリアルじゃないんだと思うと、パンダくんは笹と竹が大好きだし。そもそもしろくまくんが切り盛りしているカフェだし。
何より、ごろごろしていることが大好きなパンダくんが超かわいい。毒舌というか、幼いというか、考えていることをそのまま口に出してしまうところが面白い。そして、自己愛強くて、いつもバイトさぼろうと考えているところがとてもかわいい。
でも、そんなパンダくんに、後半エピソードで号泣してしまうのです。*2
パンダに号泣するとか、私本当心病んでいるのかなって心配になってしまうけど、病んでいる代償としてパンダくんに泣けるのなら、私はその気持ちを持てて幸せだよ!とさえ思えるくらい。

ちなみに、しろくまくんが病気になって、ぺんぎんさんとパンダくんが看病に行くエピソードも思わず涙腺が緩む。*3文字だけみると絵本の世界というか私の中の頭メルヘンすぎて大丈夫って心配になるけど、本当いい話が色々あるのです。*4

しかし、アニメ見るたび思うけど、声優さんって本当凄いなぁ。
完全に動物が話しているんですよね。

正直、この界隈をあまり知らない時は、そのキャラとして素直に受け止めていられたものの、変にその俳優さんたちを知ることでその姿がちらついてしまうのではないかな、という気持ちがありました。矛盾するようだけど、知らない方が純粋にアニメを楽しめるのではないか、と。イチイチ誰が声やってるのかな、って調べたりしちゃうし。
でも、ちゃんとそれぞれの動物なんですよね~後ろに人間が見えない。本当別人、ていうか動物。パンダくんが一松で、そして陰陽師RPG茨木童子と同じ人!本当凄いなって。

ところで、私は学ランが本当に大好きなんですが、グリズリーさんが学生時代のエピソードで学ラン着てて、思わずキュンとしてしまい、我ながら節操ないなと思いましたとさ。

shirokumacafe.jp

*1:これが見たくてアマゾンプライム申し込んだ

*2:第44話:いつもの動物園/雨の動物園

*3:グリズリーさんに惚れる回でもある

*4:なまけものくんが仕事をしたいというEpも好き

CDが売れない時代らしいです。

avex.jp

先日発売したキスマイのPICK IT UPの初動が芳しくないらしい。
私個人としては、今までのシングルの中で一番と言っていいほど好きな曲なのですがね。
ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の主題歌として聞いていた時から好きでしたが、ライブでパフォーマンス見て、さらに好きになりました。曲、フリ、MVすべてが大好き。
せっかくいい曲なので、やはり結果が出てほしいな~という思いがありますが、なかなかうまくいかないのかな。

続きを読む

北海道で買ったもの。

遠征の楽しみって人それぞれですけど、私は観光と「お土産」だったりします。
札幌は、なかなか行く機会も少ない、けどほしいものはいっぱいある!という悩ましい場所。
今回「物産展やアンテナショップで気軽に手に入らないもの」「北海道でしか買えない(と思われる)もの」という二つのルールを設けました。
ツイで流れてくる「地元民がおすすめするお土産」という情報も参考にさせてもらいましたので、勝手に感謝して、その記録を残しておこうと思います。
(もしかしてまた札幌に行く機会があったら忘れないように)

  • ラベンダーのプレミアムルルルン

こちら、限定品があるなんて知らなかったので、TLで知って手に入れたくなった商品。
パッケージもかわいいし、空港でも手に入るので、駆け込みお土産としても重宝。

ラベンダーのプレミアムルルルン

  • ふわもち邸のベーグル

f:id:risaoxxx:20170605215727j:plain
・紅茶とりんご
りんごがベーグルの中に刻まれて入っていて、びっくり!

・くるみとあんことクリームチーズ
あんことクリームチーズの相性が抜群!!!

これも、TLで紹介されていたのですが、本当に買ってよかったと思いました。
私は店舗ではなく「きたテラス」という大通り沿いにあるテナントで購入をしました。
普段こういったベーグル屋さんに行かないのですが、わくわくする種類がたくさんあって、次回行くことがあったら店舗に足を運びたいなと思います。

www.fuwamochi-tei.com

  • くにをの鮭キムチ

f:id:risaoxxx:20170605215728j:plain

中居くんが某番組で絶賛したとのことで、オンラインだと1年待ちという噂も。
空港で購入可とのことでしたが、ベーグルを購入した「きたテラス」にあったので、そのタイミングで購入。実は、一人2個までという制限付きで、12時半くらいに行って売り切れ直前でした。(レジに30分くらい並びました)
午後の飛行機だったので、案の定空港では売り切れていて、本当市内で購入できてよかったと胸をなでおろしました。
帰宅して食べてみると、鮭はごろごろ入っていてほどよい辛さのキムチ漬け。確かにごはんがすすむ。辛いものが好きであれば、間違いなく、リピートしたくなるおいしさです。

  • さえらのサンドウィッチ

f:id:risaoxxx:20170605215730j:plain
・タラバガニ+フルーツ
・タラバガニ+カレーコロッケ
これは、某○るぶに載っていたのですが、タラバガニサンドが食べられるということで訪れました。平日11時半に行ったにもかかわらず、満席+持ち帰りで30分待ち。ちなみにエビカツはすでに終了。
タラバガニはキャベツと合わせてサンドされているのですが、カニの甘味が感じられて初めてのお味。そして、最初、フルーツって!と思ったけど、このフルーツサンドもおいしい。カレーコロッケももちろんおいしい。今回、持ち帰りで食べたので、次回は店内で温かいサンドウィッチ食べてみたいと思いました。

以上です。

後、六花亭のボールペン買いました。
正直、胃袋いくつあっても足りません。また北海道行きたいな~。

ライブツアー【MUSIC COLOSSEUM】

月が変わってしまったけど、やっと書く。
正直、もうほとんど記憶にないけど、それでも今覚えていることを残しておくことで、少しは備忘録になるだろうから。

※ネタバレ有です※

続きを読む