読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉はちっぽけだから。

キスマイと中村さんが好きな人。

キングダムとTAKE FIVEと私。

最近、私は「キングダム」というゲームにはまっている。

職場のランチタイムに好きなタイプの話をしていた時に

「自分の信じる正義のために闘う人が好き」(当時進撃の巨人を読んでいたため)

と力説していた私に、
「だったら多分絶対好きな話だよ」と上司にオススメされたことで、
漫画にどはまりしたことがきっかけなのだが、
文字通り寝る間も惜しんでゲームをして、もはや一ヶ月。
ログインボーナスは45日を向かえ、私のスマフォは10日で制限速度がかかるほど。
とにかく夢中である。

社会人でもあるので、繁忙期や異動などで忙しく、貧血に耐えながらツライ体に鞭打って、
睡眠時間を割いてまでキングダムに向かい合っているというのに、
強運の上司(同じゲームをやっている仲間)はいとも簡単にレアキャラをガチャで手に入れ、
その事実を知った私は悔しくて夜中に携帯を投げるという日々。

そんな不毛な日々を過ごしていたら、太ぴぃがまた舞台をやるというではないか。
朗報であると同時に、去年の欝な気持ちが思い出された。

「チケットどうするの・・・?」(白目)

何度か書いているが、私は太ぴぃの俳優仕事が好きだ。
キラキラしているコンサートのアイドル姿ももちろん大好きだけど、色々な役柄を演じることで、色々な顔を見せてくれる「演者」という仕事は、大好きな太ぴぃをより好きにさせてくれる。

余談だが、キングダムに夢中な私にとって、武将姿の太ぴぃは本当に本当に鼻血もので、
あまりにも可愛すぎたのでシフトのオフを頼む関係上ヲタバレしている上司(男)にいかに犬千代がかわいいか、太ぴぃの武将姿が似合っていてどれくらい惚れ惚れするかをランチで懇懇と語ったほど。(今思えばすごく迷惑)

またナビダイヤルに電話するのか~、と憂鬱になりながら、日々戦場に出ていた(=キングダムのゲームをしていた)のだが、ふと考えた。

「願掛けしようかな」
(乙女)

何かお願いを叶えたい時に、自分の一番好きなものを我慢すれば願いが叶う、、、かもしれない。

『努力をした者が全て報われるとは限らん。しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる』
(漫画「はじめの一歩」より)

調べなくても気づいている鬼のような倍率。何の努力もなしに手に入るものでは無し。
でも、一番好きなもの=太ぴぃ。
そこで、私は「キングダム断ち」を決意した。
実は風邪を引いていて体調も悪かったので、ゲームをする余裕もなかったということも相まって、
私はゲームをストップした。(半ば体力の限界で強制に近かったけど)


太ぴぃ、私、ゲーム止めたよ。
5月の公休もリクエストしたよ。
後はチケットだけだよ!!!

仕事以外、起きている時間は移動も含めほとんどゲームをしていた私である。
この願掛けは効きそう!!!

という思いも虚しく、蓋を開けてみれば全滅だった。絶望。
「絶望」って何て素晴らしい漢字なのだろうか。
私の気持ちを余すことなく表してくれている。

嫌な予感はしていたんだ…実は。
当落確認の前、ランチを買いに行った職場の近くのコンビニで、普段引くことないクジを引いた。
すると、新商品のお茶が当たったのである。正直私にはこんなこと滅多にない。

店員のおばさんは言う、
「すごいですね~!新商品当たるなんて運がいいわよ、いいことあるかも!ねっ」

しかし、ものすごい笑顔のおばさんと対照的に
「こんなとこで運使っている場合じゃないのに、、、」と血の気が引いた私。

当落確認後、全ての申込が落選だと知った時、ふとこのことが浮かんだことは言うまでもなく。
私の運は、コンビニくじのお茶くらいしか当たらないんだよ、
と神様に言われた気がした、合掌。

体調も治り、願掛けも意味がないと悟った私は、また戦場に出る日々(=キングダムのゲームをしている)

爵位争奪も、TAKE FIVEも必要なものは運かお金、もしくはその両方なのだ。
生きるって大変だね。

あ、もしキングダムのアプリゲームスタートされたい奇特な方がいらっしゃいましたら、
是非私の招待コード使ってください。【7MoJ】