読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉はちっぽけだから。

キスマイと中村さんが好きな人。

オオカミ少女と黒王子。

映画を観てきました。

 
少女漫画がやたら実写化される昨今。
某所にて「どこみても山﨑賢人」なんて言われてて、本当にね!なんて思ってたんですが、いいよお〜(新喜劇アキさん風)
信頼と安心の山﨑賢人くん!!!
そうか、そうか、少女漫画から抜け出てきた男子だったんだね。
そりゃー引っ張りだこだわ。仕方ない!
って思うくらい、「イケメンは正義」を立証してくれました。
 
そして、二階堂ふみちゃんがかわいい!!!
専ら女性に関心の無い私は、主人公のエリカがこれまた漫画から出てきたんじゃ無いのってくらい可愛くて可愛くて、このかわいい子は誰じゃーーーとエンドロールみて、二階堂ふみさんだと知る。
 
主人公の二人だけでなく、みんなかわいいしかっこいいし、それだけじゃなくて、みんな普通の高校生らしくてよかった。
(私が歳をとったからなのかしら)
 
後は、言わずもがな、圧倒的な菜々緒
美しく気高い気の強い姉、を演じさせたら今菜々緒さんがトップなのではないかしら。
「私、いくら食べても太らないの」
とか、
ナンパ男達に「不快だから消えて」
とここまで説得力のある美人、いないよ。
 
正直、漫画の実写化については、原作が好きなものは映像は別物として捉えたいので、先入観なくフラットな気持ちで見れるように、ポジティブな意味で期待をしないようにしている。
今回、最近はまってるback numberの曲っていうのも後押しして足を運んだんだけど、とても綺麗に少女漫画が詰まってる感じで楽しかったです。
 
 
以下ネタバレで私の覚書。
 
 
とにかく不機嫌な山﨑賢人くんがひたすらかっこいい。
そもそも、漫画の設定である佐田恭也が乙女の妄想レベルのイケメンなわけで。
道歩いてたら、「キャーあの人かっこいい!」とか騒がれるとか非現実的なんですけど。
そのシーンがまさに実写化されてて、渋谷歩いてる後ろ姿だけでイケメンだった。。。
足は長いし、イケメンだし、なんかちょっとオシャレだしさー、エリカがいきなり写真撮りたくなる気持ちも大袈裟ではない。
 
で、ググってみたら、山﨑賢人くんって原宿でスカウトされたらしいじゃないですか。もうそれ地じゃん!!!実生活で実写化じゃん!!!とか思った。
 
 
佐田くんがニセ彼氏で写真を撮るときだけニコッてするんだけど、その後素の不機嫌な顔がたまらん!舌打ちするのがまた良くて、もうエリカに負けず劣らず私もどMだよ、と実感。
 
そして、エリカが本当かわいい。
「好き」って勢いで言っちゃうエリカもエリカらしいし、「それ勘違いだから」に説得力ありすぎる佐田王子。
 
いっつも弟達の面倒見ながらご飯作ってるという描写だけで、さんちゃんがしっかり者って伝わるし、後先考えず見栄っ張りで幼いエリカと、長女でしっかり者のさんちゃんとの関係もとてもかわいかったー。
ついでに言うと、さんちゃんの弟達がこれまたかわいい。
どこもかしこもかわいいのオンパレード。
 
なんでエリカが佐田王子を好きになっちゃうのか、はたまた佐田王子がエリカになんで惚れちゃうのか、描写が薄いっちゃー、薄い気もするけど、高校生の恋愛だもの。
自分が無茶なこと言ってるのに、不機嫌な顔しながらも優しくされたら好きになっちゃうし、健気でまっすぐなエリカが可愛くなっちゃうのもおかしくないんだよー!
 
劇中、エリカが「今夜もブギーバック」を鼻歌してるんだけど、歌詞がとてもマッチしてて良かった。
それ以前に平成のこの子がなぜこんなに懐かしい曲を鼻歌?と思ってしまったけど。
 
しかし、研修旅行で神戸まで行ってるのにカラオケはないよ、マジで。
 
日下部くんもね、メガネを取ると美形に説得力ありすぎて、本当に全てが「少女漫画実写化」の世界だった。
 
そして思う。
イケメンは正義だ。
 
山﨑賢人くんが私の彼氏を担ってくれるなら、3回回ってワンくらいなんだ!
焼きそばパンだっていくらでも買うわ!
舌打ちされても、鈍臭いと言われても、一緒に水族館行きたい!
って思わせる顔面、すごいよ!
 
顔ばっかり褒めてるみたいだけど、演技がもちろんしっかりしてるからこそ生きる顔だと思っています。
水をぶっかけられた佐田くんの顔とか、本当に滑稽だったもの。
 
そして、私は彼の満面の笑みよりも、不機嫌だったり苦痛を感じてる演技が好みだな、と思いました。
 
細かいこと言えば、これは必要なの?とか思ったりする場面もあったり、引で撮る意味とか好みとかあるにはあるんだけど、私は評論家でもないし、単純に楽しくてどこみてもかわいかった映画でよかったです!
 
ナイスカッポー!!!