読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉はちっぽけだから。

キスマイと中村さんが好きな人。

冷蔵庫と私。

冷蔵庫を買った。

 

10月くらいからそろそろ買わねば、という事情があって色々リサーチしていたのだが、平日よりも週末に買うことは、メリットが大きいと感じた点と、同じ店舗、同じ商品なのに10月より11月の方が5000円くらい安くなってた!という事実。

家電大好き芸人の皆さんや、ネットやらで小耳に挟んだ情報は真実だったのだな〜と思ったので、記念に記す。

 

家電って高い買い物だから安く済ませたい。

でも、安かろう悪かろうでも困る。

とは言え、値切る文化にも慣れていないのでスマートに買いたい。

昔、店員との値切り交渉が好きな関西人の友人がいたが、その行為自体を見ていることは楽しいものの、私にはその力量はないな、と思ったことを覚えている。

 

閑話休題

 

1)相場を知る

サイズ感も知りたいので実物を見るため家電量販店に行くことは決めていたが、相場を知るためにネットで検索。

価格.comは便利なサイトだけど、私にとっては情報過多で見てるだけで疲れる。

製品にも会社にもこだわりのないので、安値の掘り出し物を探すというよりは一般的な価格を知るために利用している。

 

2)どこでお得に買えるのか

とはいえ、やはりお得に買いたい。

これもネットで検索。

「都内 安い 家電」 

どうやら池袋が都内でも特に激戦区らしい。

自宅から割と時間がかかるので、「池袋か〜」と正直思ったけど、まぁ安いならそれもよし。

とはいえ、比較対象も必要なので、とりあえず、とアキバにも繰り出した。

ちなみに、私はよくネットで買い物をするので、ネットで購入も選択肢にあったのだが、家電は店舗の方が割と値段の融通が効くらしい。

そして、これもネット情報なのだが、週末や雨の日が狙いらしい。そういえば家電芸人もそんなことを言っていた。

あまりネット情報を鵜呑みにするつもりはないけど、これは信じてよかった。

 

 さて、いざ参らん!

 

10月末の平日にA社@アキバをウロウロしたら、ドアを左右付け替えられる冷蔵庫があるという。

実は、うちの冷蔵庫は玄関脇にあるのだが、右開きだと少し不自由だった。

金額を選ぶか、利便性を選ぶかだな〜とある程度予想をつけてみたものの、置き場所のサイズを図ることを忘れていたのでその日は帰宅。

 

その後忙しさなどからあっという間に1ヶ月が過ぎて、週末にB社@池袋へ。

 

確かに先日みたA社より安い。

しかし、奥行きのサイズが少し大きいことに気づく。自宅の床が少し斜めになっていて、片足がガクガクするのではないかと心配するサイズなのである。

「もっと奥行きがないやつありますか?」と質問すると、「これしかないですね〜」と。

多少ガタガタしてもすのこでも敷けば大丈夫かな、、、と思いつつ、隣接するC社へ。

 

とりあえず、店舗が狭い。そして、すでに先客がいてそのお客様につきっきりで接客している店員しかいない。

私も買う気満々なんだけどな〜と思いつつ、とりあえず目星をつけていた冷蔵庫の値段を見るとそれほど安くない。

そして近隣なら送料無料だけど、その他は送料が発生するらしい。

 

前述した通り、私は交渉が苦手だ。自分が売り手の時は好きなんだけど、買い手になると正直「あっちは〜円だったからもう少し勉強してよ」みたいなやり取りが面倒くさい。

損をしてるのかもしれないけど、その一連の行為に脳みそと時間を使いたくないのだ。

 

ちなみに、私はA社のポイントを4000円くらい持っているので、A社の金額より他社が4000円くらい安くないと意味がない。

共すると、ネットのR社のポイントなら6000円くらい溜まってるし、だったら一番ネットがいいのではないか?と考え始めた。

要するに、もう面倒くさくなり始めたのである。

 

A社に行ったのが10月だったので、金額が変わってないかを確認して、変わっていないならネットで買おう、そう思って訪れた私の目に飛び込んできたのは、先月よりも5000円程値下げされている同じ商品だった。

 

およよ?値段を重視しようと思っていた予算くらいで、利便性も取れるんじゃない?

しかし、サイズが問題なんだよな〜と思っていたら声を掛けられる。

 

店員「冷蔵庫お探しですか?これ、扉が左右付け替えられるから便利なんですよ」

 

私「そうですねー(棒読み)」

 

店員「もう何度も聞いたセリフだよって感じですかね、笑」 

 

そう、実はそう。その冷蔵庫の前に立つと必ず店員がそれを言う。

でもいい人だな、と思った。

少しクスリと笑わせることができる店員は嫌いではない。

 

私「これだと奥行きのサイズが少し大きいかも知れないんです」

 

店員「前に出ちゃうのが嫌ですか?」

 

私「と言うより、床が斜めのデザインで、、」

 

店員「冷蔵庫って奥行き書いてありますけど、足は少し内側にあるので、出るのが気にならなければ大丈夫かも知れませんよ」

 

!!!なるほど!!!

これがネット通販にはない醍醐味である。

無知の人間に的確な情報をくれる、大切なことだ。

そして、これは人の多い週末だからこその店員配置のおかげだと思う。

考えれば簡単なことなんだけど、週末は平日に比べて客が多い。そこを出来るだけきちんと捌ける必要がある。稼ぎどきだからエースを置く、うちでもやってることなのだ。

実際エースなのかどうかは分からないけど、笑

 

私は、交渉は好きではないけど、相談はしたい。私より説明ができる人に相談して、納得して買いたい。

それを、たった一言で満たしてくれたので、結局ポイントも使って、A社にて、10月に考えていた予算よりtotal1万オフで購入することが出来た。

 

買いたい時が買い時、という名台詞が頭をよぎったけど、欲しいものは少し吟味する必要はあるんだな、と思う。私は特に衝動買いというか、買おうと思って出かけることが多いので、少し寝かせることも大切だな、と。まぁ今回がたまたまかも知れませんが。

後売上目標が高いから週末が狙い目!と言う情報を結構目にしますが、どちらかというと店員の選択肢が広がることがメリットかと。

平日に同じ店舗に行っても、本当に売る気あるのかな?と思う人に接客されることもあったので。

 

そして、今回B社の接客が間違っているとは思わないが、質問に対して「回答」する接客だったのに対し、

A社ではその質問の意図を掘り下げた「解答」をくれたことが私の購買欲を刺激したのだと感じた。

 

価格は確かに重要だし、金持ちではないので安いに越したことはない。

ただ、私の買い物は「この人にお金を使おう」という気持ちが決定打になるのだな、と思った。

 

私もそういう接客を心がけたいものである。

 

新しい冷蔵庫楽しみ。