読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉はちっぽけだから。

キスマイと中村さんが好きな人。

外回りからピアス。

4月。
いつからだろう、「4月」ということに新しさを覚えなくなったのは。。。

アラフォーになって、新人研修なぞしたりするようになっていますが、
私の新入社員時代は、本当にバカ野郎だった。

営業だった当時、「気分転換」と思って外回り営業中に両耳にピアス開けたり、
電話を取れば相手が誰だか聞き取れず「知らないおじさんからの電話です」と言って取り次ぎ、
営業カバンは置きっぱなしで、お財布と携帯だけで出社する、、、これでも本当氷山の一角。

当時、学生から社会人に「ならなければいけない」ことが嫌だった。
ただ卒業しただけなのに。会社勤めって何?まだ私は学生だよ???と大人になり切れない子供のように、「社会人」という言葉に違和感を感じていた私は、今思えば本当に社会をなめてた。さらに怖いのが、私に「社会を舐めている」自覚が全くなかった。
なんなら少し常識人だと思っていたくらい。
恐ろしい新人である。
いやー、本当、こんな私にさじを投げず、根気よく付き合ってくれていた先輩には心から感謝している。
今の私は、本当にたくさんの人に作られてきた自分なのだな、と。

そんなバカ野郎なことしか思い出せないので、最近の新入社員を見ると、ついこの前まで学生だったとは思えないレベルでしっかりしているな、とお世辞抜きで思う。
本当に優等生で、怖いくらい。
でも、だからこそ失敗を恐れているというか、「出来ない自分」と突きつけられることへの恐怖心が強いのではないかと思ったりもする。
「できないことがあって当たり前」が当たり前ではなくなっているのかな。。。

そんなこんなで、新人さんが失敗をしたとき、あまりにも落ち込むので、私の新人時代を話すことにしている。
そして「もし、あなたからみた私が『ちゃんとしている先輩』に見えている部分がひとつでもあったら、自信を持ってください。私からみたらあなたは既に私の新人時代を軽く飛び越えているので、あなたは必ず私以上になれます」と。

新入社員を見ると、沢山の人との出会いが、今の私を作ってくれたのだと感謝する気持ちを持つとともに、
私も先輩としてそんな存在になれたらいいなと思っています。

新しい環境でスタートされる皆さま。
沢山失敗して、沢山学んで、沢山褒めらましょう。